不動産投資の魅力と活用|収益アップリンク

real estate

不動産投資の大衆化

attractive house

不動産投資は富裕層だけでなく、資金力の乏しい若者でもできる投資ですが、失敗しないためにも、不動産投資セミナーなどで経験者のアドバイスを受けることが大切です。金額の大きい投資ですので、慎重に進めなければなりません。

Read More

ハードルの存在

attractive house

不動産投資のハードルはその不動産の証券化に伴い低くなっています。不動産投資に興味を持つ人が増加するにつれて、不動産投資を専門家に相談したい人も増加しています。不動産売買が盛んな地域は、その地域の経済も好調である傾向があります。

Read More

大阪の不動産投資会社

attractive house

大阪には不動産がたくさんあります。不動産投資を始めやすい環境と言えるでしょう。不動産投資会社はサポートが充実しており、ローンに関する相談や、投資用の物件、購入後のアフターサポートなど安心して投資できる体制が整っています。

Read More

収入の分散化

節税のための工夫

attractive house

サラリーマンの収入は全額が捕捉されています。勤務している企業が源泉徴収義務を負っているので毎月税金が控除されています。最終的には年末調整で税額が調整されるので確定申告の必要はありません。しかしながらサラリーマンでも年間収入が2,000万円を超える場合には確定申告をしなければなりません。確定申告をする場合には個別に必要経費を計上することで節税をすることが出来る場合がありますので、該当しそうな場合には領収書を保管しておく必要があります。一般的には積み上げても定額控除を上回ることが少ないとされています。医療費については同居している家族の分は扶養の如何に拘わらず所得税率の高き人から控除することでメリットを受けることが出来ます。

アパート経営を行う

サラリーマンでも土地を所有している場合にはアパートを建設することによって節税を図ることが出来ます。アパート経営はあまり大規模ではない限りサラリーマンでも可能なビジネスです。人口が減少しているので立地には注意が必要で節税を図ったつもりでも入居者が集まらなければ赤字経営となり不良資産化してしまいます。入居者の確保を前提にすれば金融機関からの融資を組み込むことによって節税効果は大幅にアップします。経営の安定を図るために不動産業者にサブリースや管理を委託することは可能です。不動産業者のマージンがあるので直接自分で経営する場合と比べると収益性は低下しますが、安全を見るのであれば妥当な選択です。アパート経営での確定申告もあまり難しくないので税理士の手を煩わせることはありません。